これからの新管理会計

伝統的な予算管理・原価管理で良いのだろうか?伝統的管理会計から脱却して、これからの管理会計を考えていきたいと思います。そして元気な日本にしましょう!
これからの新管理会計 TOP  >  スポンサー広告 >  予算管理 >  予算は業績がいい時は早く決まり、不透明な時は決まらない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

予算は業績がいい時は早く決まり、不透明な時は決まらない

多くの企業は、もうあと2日で、3月の年度末が終わり、新年度を迎える

桜の花も咲き始め、気分は春そのもの。

今週末が花見のピークでないでしょうか。
http://blog-imgs-90.fc2.com/k/a/n/kanrikai/DSC02751.jpg

企業の方は、棚卸や新年度人事異動と変化に忙しい。

さて、企業の予算や目標が決まって、決意新たにスタートする

そうなっているでしょうか?

会社によっては、きちんと新年度のスタートとともに予算が決まっているところもあるでしょう。

ただ、今年の新年度はほとんどの企業の予算は曖昧なのではないでしょうか?

偏見がありすぎますが、私のネットワークの企業はほとんど予算が決まっていません。

なぜか?

売上予算が決まらないのです。

為替の変化、世界情勢、消費税増税、株安などなどマイナス要因ばかり

そして、今までの年度決算も減益予想。

となると、経費などの予算はある程度積み上がっても

受注や売上の予算、設備投資予算は・・・・・

結果、予算が決まらない状態でスタート。

せいぜい大まかな目標値程度の仮予算。

当ブログで何度も

予算管理は矛盾ばかりの管理手法

ということはいい飽きましたが、ホントに結局鉛筆を舐めるのです。

一方

業績がよく、世間の景気見通しも好調の時は、目標レベルを高くし、すんなり決まります。

景気がいい時は、新年度とともに予算が決まっていて、個人の目標の設定もきちんとされています。

ご都合主義の経営陣

と経理の現場ではぼやきますが

経営者も現実は大変です。不透明すぎて。

だから、予算に縛られる管理をするのは、無駄だ!

と申し上げたい。

やめる勇気。

批判ばかりして、変わる案はと質問されれば

私は「KPI」を用いた新らしい管理です。

桜
スポンサーサイト
[ 2016/03/30 07:07 ] 予算管理 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

新しい形態の仕事取引
最新記事
ランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。