これからの新管理会計

伝統的な予算管理・原価管理で良いのだろうか?伝統的管理会計から脱却して、これからの管理会計を考えていきたいと思います。そして元気な日本にしましょう!
これからの新管理会計 TOP  >  スポンサー広告 >  原価管理 >  原価管理や管理会計の改革を担当者まかせで失敗する訳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

原価管理や管理会計の改革を担当者まかせで失敗する訳


原価管理・管理会計は、会社にとって重要なことは大半の会社で認識されています。

「原価管理プロジェクト」と肝いりで立ち上がる場合も多く、ほとんどの会社が失敗か中途半端に終わってしまいます。

その背景、原価管理・管理会計の改革は進まない3つの壁があります。

1.知識の壁

  原価計算、原価分析、幅広い知識が必要になり求められます。

  原価計算の難しさ→原価計算方式の複雑化、実際の原価計算の複雑さ
  関連知識の広さ →関係業務の多さ
  

2.課題把握の壁

  課題の適切な把握が難しい。

  課題抽出の難しさ→ヒアリングの難しさ
  課題分析の難しさ→問題の体系化と全体像の把握

3.計画づくりの壁

 優先順位と実現性、どこの改革に着手るすか

 合理的な順序付け、実現性の確保

全体計画は「グランドデザイン」(基本構造)と呼びますが、何と難しいことか。

これを担当者まかせにしているようだと失敗してしまいます。
スポンサーサイト
[ 2015/10/17 22:40 ] 原価管理 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

新しい形態の仕事取引
最新記事
ランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。