これからの新管理会計

伝統的な予算管理・原価管理で良いのだろうか?伝統的管理会計から脱却して、これからの管理会計を考えていきたいと思います。そして元気な日本にしましょう!
これからの新管理会計 TOP  >  スポンサー広告 >  生産・現場力 >  「現場力」はトヨタや生産現場のみでなく、すべての業種・職種に必要とされる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「現場力」はトヨタや生産現場のみでなく、すべての業種・職種に必要とされる

現場力の言葉は、生産現場と考えがちですが、すべての職種にあてはまり、現場力の強化が会社の力を強くします。


現場力

トヨタ生産方式を起点に、現場力の強化が日本を世界レベルにあげました。

TQC、改善、5S、無駄ドリ

さまざまなキーワードで現場の積み上げがされました。


そんなことから、現場力は、生産現場とか 製造現場とか 一般的に考えられているようですが

本来、現場とは、製造のみならず

コンビニやスーパーの現場

ラーメン屋や飲食店の現場

ホテルの現場

病院の現場

営業の現場

などさまざま現場があります。

そして、その現場の力である 「現場力」が強ければ、強い企業と言うことができます。

本社の経営管理部門が、どんな立派な戦略をたてたとしても

動かなくてならないのは現場です。現場の力が、戦略実現の鍵を握っているのです。

その現場が、今「考えない現場」と言われています。

それは

バブル以降、失われた10年とか言われている時期に

ばたばたと一流企業が、リストラ(人員削減)・工場閉鎖という道筋を歩んできました。

現場の従業員はどうなったのでしょう。

掘り下げて深く考えない現場になってしまった。

逆に

深く考える現場 は生き残っている強い会社となっています。


単純にそれだけではないでしょうが、力強い日本は、あらゆる業種の現場に支えられています。

現場力の強化

強い現場

これが日本を復活させるキーワードです。

スポンサーサイト
[ 2015/09/21 18:22 ] 生産・現場力 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

新しい形態の仕事取引
最新記事
ランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。