これからの新管理会計

伝統的な予算管理・原価管理で良いのだろうか?伝統的管理会計から脱却して、これからの管理会計を考えていきたいと思います。そして元気な日本にしましょう!
これからの新管理会計 TOP  >  スポンサー広告 >  不正経理 >  東芝が決算修正を発表、これから東芝の本領発揮であってほしい!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

東芝が決算修正を発表、これから東芝の本領発揮であってほしい!

東芝が会計不祥事で2248億円の赤字を7年にわたって、決算を修正し、一つの区切りをつけた。

まだ、第1四半期の決算は遅れてますが、経営としては新たな会社を目指してスタートしてます。

心配なのは社外取締役との比率。

東芝のような古い会社は、良きにつけ悪しきにつけ、文化があります。

社外取締役が東芝のいいところを大事にして、経営をしてほしいと思います。

ガタガタにするのは社外取締役出ないことを祈ります。

勝ち組と負け組と分けた時期には、東芝はなんとか勝ち組に入っていました。負け組のシャープやパナソニックやソニーはリストラの連続。

東芝も経営路線を効率化にはしって、負け組の行動をとらないでほしい!
と個人的に祈ります。

東芝はいい会社だと思ってますし、これからも応援します。

ちまたでは、チャレンジという言葉が流行ってきましたが、どこの会社も多かれ少なかれあります。程度の差はありますが、みんな揃って批判にまわるのはよくない。

日本人の悪い癖。

東芝頑張れ!


スポンサーサイト
[ 2015/09/07 22:10 ] 不正経理 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

新しい形態の仕事取引
最新記事
ランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。