これからの新管理会計

伝統的な予算管理・原価管理で良いのだろうか?伝統的管理会計から脱却して、これからの管理会計を考えていきたいと思います。そして元気な日本にしましょう!
これからの新管理会計 TOP  >  スポンサー広告 >  コスト削減 >  事務部門の効率化も小さな無駄どりから始まる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

事務部門の効率化も小さな無駄どりから始まる

トヨタ生産方式は、5Sと無駄どりから始まったと聞きます。

5Sは、
整理、整頓、清掃、清潔、躾
のローマ字のSを使ったものです。

製造現場が雑然としていては効率が上がりませんよね。

もう一つは無駄どり

ムダトリは言葉の通り、無駄をなくすこと。

トヨタ生産は、この無駄どりを追求して、ジャストインタイムなどの生産体制を構築していったらしい。

でも一気に改革なんてできなくて、小さい改善を積み重ねていった結果のようです。

なのでトヨタは今もそのムダトリを追求しているのです。

ムダトリ

これは、経理などの事務部門も必要ですね~

無駄が多い!

必要もない資料を作ったり

やり直したり

わかっちゃいるけどやめられない!
(古い!し、知らない人の方が多いのでは )

話を戻して

事務部門は効率というと

すぐにシステム化という話になりがちですが

そうではなくてもムダトリができます。

小さいムダトリを繰り返すことも大事。

抜本的改革なんて考えていたら何も進みません。

ムダトリです。

そうして改善していると考える力がつくそうです。

スポンサーサイト
[ 2015/06/11 08:07 ] コスト削減 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

新しい形態の仕事取引
最新記事
ランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。