これからの新管理会計

伝統的な予算管理・原価管理で良いのだろうか?伝統的管理会計から脱却して、これからの管理会計を考えていきたいと思います。そして元気な日本にしましょう!
これからの新管理会計 TOP  >  スポンサー広告 >  経営 >  ものの値段を考えるチオビタドリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ものの値段を考えるチオビタドリンク

私たちは、日常生活で、何気なく買っているとき

ものの値段を非常に意識する時、意識しないとき、いろいろあります。


例えば、私の場合よく、健康ドリンクを飲みます。

サラリーマンは疲れます。特に週末に近づいてくるとへとへとです。


そんな時、チオビタドリンクは強い味方です。

同じジャンルとレベルには「リポビタン」がありますが、断トツでチオビタドリンクが効きます。

効いた気がするのです。なぜか、

もしかしたら味かもしれません。


木曜日朝、んー疲れているなあ

という時は、会社の前のコンビニのローソンで、チオビタドリンクを買います。

140円ぐらいです。

冷えているので店の前でグイっと飲んで、店のゴミ箱に捨てます。

140円するのです。


週末、ドラッグストアでチオビタドリンクを見ると安売りで10本で680円

1本あたり68円で売っています。

3倍以上日頃コンビニで買っているのです。


この差を意識せずに毎週のように買って飲んでいるのです。


これを考えると私たちは、額面上の値段だけではなく、必要を感じて購入していることになります。


コンビニでのチオビタは、一本で帰る。適度に冷えている、すぐ手に入る、ゴミはすぐ捨てられる。ポイントがつく。

などのメリットがある価値を140円として受け入れていることになります。

逆にドラックストアでは、安いというメリットはありますが、10本単位、常温、飲んだ後の処分はゴミ捨て日。

などのコンビニと比べたマイナス面はあります。


そうした価値の違いを何気なく受け入れて購入しているのです。3倍以上の差を受け入れて。


反面、私だけかもしれませんが・・・

同じ条件、同じに近い条件で比較して悩む時があります。

デパ地下のケーキ屋さん

20円に違いがあるケーキをどちらにしようか

さんざん迷う場合があったりします。

チオビタのことを考えれば、両方買ってもいいのかもしれませんがウジウジ悩んでしまします。

意識しすぎです。

時間の方がもったいない。

人間の心理は面白いものです。その辺をうまく利用されているかもしれません。知らず知らずに


あっそうだ! 確か

ドラッグストアに冷蔵庫で飲み物を1本売りしていた

その値段はいくらなんだろう????


こんど確認してみます。

スポンサーサイト
[ 2014/02/08 12:10 ] 経営 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

新しい形態の仕事取引
最新記事
ランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。