これからの新管理会計

伝統的な予算管理・原価管理で良いのだろうか?伝統的管理会計から脱却して、これからの管理会計を考えていきたいと思います。そして元気な日本にしましょう!
これからの新管理会計 TOP  >  スループット会計

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スループット会計とは


ザ・ゴールでおなじみの
TOC(Theory Of Constraints)制約条件の理論は全体最適理論」である。

このTOC理論に基づいて、「現在、将来にわたって儲け続ける」ために、評価したり、意思決定を導くための手法として、スループット会計はこの考え方と連動した会計である。

スループット会計は、単に会計処理をではなく、数字を通じて経営管理の考え方を整理したものである。

現在の原価計算の大きな問題は、間接費用の比率が大きく増えてきているにかかわらず、直接費用等と連動させて間接費用を配賦していることにある。



TOCスループット会計TOCスループット会計
トーマス・コーベット 佐々木 俊雄

エリヤフ・ゴールドラットの「制約理論」がわかる本 ポケット図解 (Shuwasystem Business Guide Book) コストダウンが会社をダメにする―スループット向上で全体最適 ゴールドラット博士の論理思考プロセス―TOCで最強の会社を創り出せ! 「よかれ」の思い込みが、会社をダメにする―飛躍的成長を実現する全体最適のマネジメント ゴールドラット博士のコストに縛られるな! 利益を最大化するTOC意思決定プロセス



スポンサーサイト
新しい形態の仕事取引
最新記事
ランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。