FC2ブログ

これからの新管理会計

伝統的な予算管理・原価管理で良いのだろうか?伝統的管理会計から脱却して、これからの管理会計を考えていきたいと思います。そして元気な日本にしましょう!
これからの新管理会計 TOP  >  新管理会計のヒント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

在庫は悪ではない!

トヨタ生産方式

在庫は悪 

必要なときに必要なものを必要なだけ


製造業は、トヨタ生産方式の「在庫は悪」に洗脳されてしまった。

新入社員でも在庫は、スペースのムダ、キャッシュフローのロス、間接作業のムダだと偉そうに指摘する。


本当に悪なのであろうか?


消費者の立場、顧客満足でいうと在庫がなければ困ることが多い。

在庫がないと会社は、顧客満足を得られないのではないか・・・。




先日ホンダの販売店にいった。(トヨタでないところがいいでしょう)


今乗っている車がそろそろ車検の時期なので、買い替えるつもりはないが気になる車の確認に行った程度である。

目当ては、ホンダ FREEDとN-BOX軽自動車 を見に行った。

どちらも人気のようです。

営業マンといろいろ話していると、

生産工場の統合とやらで、納期3ヶ月! それで平気なのである。

よく、人気で生産が間に合わないという言い訳は聞きますが・・・

生産工場の統合とか平気でいうのは、わかったいないのですが、

どんなもんかな と感じました。



たとえは極端ですが、お店に一般消費財の在庫がなければ、困りますよね。



みんな、すっかり、「在庫は悪」に洗脳されている。


東日本大震災の時もタイの洪水の時も
それをいやというほど思い知らされた訳ですが、やはり在庫は悪の呪縛から逃れられない。


企業は死蔵在庫にならない在庫をもって経営する

偏ったトヨタ生産方式の在庫は悪から脱却しなければならない

と思います。

えらそうなことをいってすいません。



スポンサーサイト
[ 2013/07/17 12:47 ] 新管理会計のヒント | TB(0) | CM(0)
新しい形態の仕事取引
最新記事
ランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。